夫婦

幸せ物質を増やすには

髪を束ねた女性

日常生活での工夫

不足してしまうと自律神経失調症やうつ病、パニック障害や強迫性障害、不眠症などの病気を引き起こす原因となることもあるセロトニン。それゆえにセロトニンにはストレスに強くなる効果をはじめとして心のバランスや感情のコントロールをする働きがあり、他にも快眠や身体の活性化などにも影響を与えます。そんなセロトニンですが、増やすためには早寝早起きや、適度な運動や太陽光を浴びるといった事柄があります。他にも座禅や深くて落ち着いた呼吸などもあり、こういったことを無理せずに日常生活に取り入れることが出来れば、自然とセロトニンを増やすことが可能となります。たとえば朝のウォーキングなどは太陽光を浴びることと適度な運動の両方を一度に実施することが出来ますし、落ち着いた呼吸をしながらの座禅も、同じく一度に二つの効果的な方法を実施できます。

食材とサポート食品

生活習慣を工夫してセロトニンを取り入れるようにする方法も良いですが、それだけでなく効果的な食べ物の摂取もセロトニンを増やすための方法として便利なので人気があります。基本的にたんぱく質に多く含まれるトリプトファンやビタミンB6、炭水化物などが効果的なので、これらは特別意識せずとも普通に摂取することができるものです。ただしインスタント食品やジャンクフード、お菓子などはあまり効果がないために避けた方が無難です。また朝食をしっかり食べてバランスをよくすることも大切で、わかりやすい例では和食や精進料理などが、もっとも適した食事内容となっています。しかし食事だけではなかなか摂取が難しいという場合には、サプリメントを利用するという方法もあり、こちらは手軽で簡単なために、忙しい人には人気があります。